特別な1日  

-Una Giornata Particolare,Parte2-

『前門の外国と後門のAI』と『0215再稼働反対!首相官邸前抗議』

 相変らず寒く、乾燥した日々が続いています。だんだん身体が辛くなってきた(笑)。
でも、団々と陽が長くなってきたし、着実に春の足音が聞こえてきています。ああ、早く暖かくならないかなあ。3月は3月で世俗の行事は多いし、例え自分じゃなくても人事異動だのなんだで、ストレスが溜まるんですけどね。
f:id:SPYBOY:20190213164802j:plain


先日ご紹介した技能実習生制度を告発した『バリバラ
spyboy.hatenablog.com
を始め、NHKの良心的な番組はこのブログでも度々取り上げていますが、そのほとんどを作ってきた部門(だけ)が今 解体の危機にあるそうです。

これ、許せない!。民放は元からダメだし、見るTVが無くなっちゃうよ。残るのはTBS『報道特集』とテレ東の深夜ドラマくらいか。TVなんか無くなってもいいけど、ほんと、独裁国家みたいになってきました。
f:id:SPYBOY:20190215130247j:plain



 さて、『前門のオオカミ、後門の虎』という言葉は皆さんも良くご存知だと思います。先日『今の日本はまさにそうだなあ』と つくづく感じられる出来事がありました。

 先日 アメリカの企業とTV会議をしたんです。情報システムの話だったのですが、アメリカの会社が雇ったシステム屋さんはインド人。日本側が雇ったシステム屋さんは中国人。
●東京、中国、アメリカを結んだTV会議。大きく映っているのはシカゴに居るインド人。時差もあって、眠そうです。

 打ち合わせの9割はインド人と中国人が英語でまくし立てていました。要するに実質的に仕事をしているのは彼らです。今はまだ最後の意思決定は我々とアメリカ人(イタリア系)でやりますけど、この状態では『いずれ日本人もアメリカ人も中国やインドに追い抜かれて仕事を取られてしまう』のは容易に想像できます。それは彼らが優秀だからです。打ち合せの内容より『俺たちの将来は暗い(笑)』というのが我々の感想でした(笑)。
●いよいよボロが出てきました。『金融緩和で昭和の輸出の夢よもう一度』のアベノミクスなんか、今の時代にうまく行くわけありません。とどのつまりが『統計偽装』(西日本新聞頑張ってます)。

統計手法 官邸意向で見直しか | 2019/2/15(金) 6:27 - Yahoo!ニュース
this.kiji.is
www.nishinippon.co.jp


●野口教授には必ずしも賛成できないことも多いのですが、これはアベノミクスの虚妄を的確に書いています。




 それだけではありません。ボクがお昼ご飯を食べる安くて美味しい中華料理屋でもそうです。
●これで750円。ダイエットのためにご飯の盛りは通常の半分です(笑)。

 800円も出せばお腹一杯食べられるこの店の客層は日本人7割、中国人3割くらいです。日本人客は工事やメンテなど現場系の中高年が中心、高齢でも現場作業をしている人が多いのは驚くばかりですが、他は自己管理が出来てないデブや喫煙者が多い。要するに、それなりの客層(笑)。

 一方 中国人客は若い男女が中心。彼らの多くはIT系の仕事です。料理が出てくるまでスマホを見ながら株取引とかやってる。今 日本の企業でもシステム・エンジニアには中国の人が大勢います。ITの知識だけでなく、彼らは日本語、英語、中国語を喋れるからです。だいぶ近くなってきたとは言え、人件費も日本人より安いだけでなく、仕事の質も高いことが多い。
 この場末の中華料理屋の風景を見ているだけで、日本の将来はある程度想像できます。

●まして政治がこれじゃあね。
f:id:SPYBOY:20190213165020j:plain


もう一つは 先週土曜日のTBS報道特集。AIの特集でした。
f:id:SPYBOY:20190213171423j:plain
www.tbs.co.jp

 内容は以前もご紹介した『AIに学習させて東大受験に合格させる』というプロジェクトを行っている新井紀子教授の『人間の読解力が著しく落ちていて、このままでは人間の仕事自体がAIに奪われてしまう』という警鐘です。新井教授のベストセラー本の内容は昨年夏にご紹介しました。番組の内容もほぼ同じです。
spyboy.hatenablog.com


 今回番組を見ていて思ったのは、人間の能力が低下しているのは読解力というより、ロジカルに考える力=論理性と思いました。番組の中でも新井教授は『文章の内容と図やグラフの意味が同じかどうか判断することが、今の高校生の3割くらいしかできない』という報告をしていましたが、論理的に考えることが苦手な人は大人でも結構いる。さっきのような問題はボクでも時々間違える(笑)。安倍晋三を筆頭に政治家もそんなのだらけだし、憲法9条守れしか言わない(言えない)市民運動の連中も似たようなものでしょう。
f:id:SPYBOY:20190213164946j:plain

 番組では対策として、読解力・論理性を鍛えるトレーニングを取り入れる学校や自治体が紹介されていましたが、確かにトレーニングである程度はクリアできます。ただし、そこから落ちこぼれる人がかなりの程度出てくることも予想できます。

 人には得意・不得意があるから別に論理性がないからダメ、という訳じゃありませんが、これからAIが社会で使われるようになると、そういう人の仕事は『機械にはできない仕事(判断や癒しの仕事)』もしくは『機械でやらせる価値すらない仕事(不定型な荷物の積み下ろしなど)』にならざるを得ない。前者だったらともかく、後者はかなり厳しい。いずれにしてもAIが増えると社会の格差はどんどん広がります。

 これからは、外国の人との仕事にしろ、AIにしろ、避けることはできません。資源が少なく少子高齢化の日本では尚更です。今の我々が置かれている状況は『前門の外国と後門のAI』という訳です(笑)。

 『環境変化に対応できるよう自分たちが努力すること』、『過度な格差が広がらないよう再分配の仕組みや哲学を考えること』、この2つがこれからの日本の大きな課題ではないでしょうか。インチキ政治家やマスコミに踊らされたくない人、自分の運命は自分で決めたい人は一人一人がよほど勉強をしてないと本当に危ない時代です。

 日本の社会に自己責任みたいなプアな発想しかなければ、99%とは言わないけど、90%くらいの日本人は沈没するだけです。『前門の外国と後門のAI』という状況に対応できなければ、我々には地獄が待っていることになります(笑)。




●東京 銀座(2/23,12:15~)、福岡(3/9)、安倍ヤメロ(AbeOut)デモが予定されています。
f:id:SPYBOY:20190214161936j:plain
f:id:SPYBOY:20190215125534j:plain



ということで、今週も官邸前へ #金曜官邸前抗議
昼間の東京は雪がぱらついた、寒い日です。午後6時の気温は5度、参加者は420人。
●抗議風景



14日の日経は面白かったです。
 一つは2面の『迫真 消えた原発輸出』という記事で、イギリスへの輸出が失敗した内幕が載っていました。
www.nikkei.com

 日立は自分だけでリスクを負うのが嫌なので、他社に出資してもらい万が一の責任を分散することを狙っていました。その第1候補は東電。東電の会長は前日立会長の川村。今の日立会長の中西を引き上げた人物です。普通は出資するはずです。

 しかし、東電は出資しなかった。東大で原子力を学んだ川村でさえ、日立が原発の建設から運営まで関わるのはムリ、と考えていたからだそうです。さすが日立の経営を立て直した川村は、東芝の連中より遥かに賢かった(笑)。
 もちろん東電が金を出さなければ、他の会社が金を出すわけがありません。責任を取りたくない経産省安倍晋三も動かなかった(笑)。かくして日立の原発輸出は潰れました(笑)。



 もう一つは15面の『原発、高まる経営リスク 九電が玄海2号機廃炉を決定』。
www.nikkei.com

 その中に『アメリカの投資銀行の試算では18年時点で原発のコストは石炭火力の1.5倍、ヨーロッパで普及が進む太陽光や陸上風力発電と比べると3.5倍』という記述があります。日経にこういう数字が堂々と載る時代になったんです。

 どちらの記事も原発の安全性云々だけでなく、原発には建設/運転コストや再稼働できない政治リスクなど経済的な問題が基になっています。基本的に原発はムリ筋だってことがますます露わになってきたと同時に、各地で起きている原発に反対する動きがボディブローのように効いてきていることを実感せざるをえません。

 原発の再稼働を防ぐ時間が長引けば長引くほど原発の老朽化が進むだけでなく、技術者の数は減り、更に減価償却が進み廃止コストも下がる少さくても反対の声を挙げることには、想像以上に大きな意味があるのかもしれません。

『丸の内の餃子と渋谷の餃子』と映画『天才作家の妻 40年目の真実』

 楽しい楽しい3連休はとにかく寒かったです。
そんな時こそ人が居ないだろうと思って、丸の内に行ってみました。
●寒すぎて歩く人もいない丸の内
f:id:SPYBOY:20190209181628j:plain

 たまには中華でも外食しようかなと思ったんです。
 まあ、普段は福建省出身のおばちゃんがやってる広東料理の店(笑)で毎日 800円の中華定食を食べてるんですが、戦闘モードの平日と休日とは違います。たまには他所行きの中華も美味しい。
●丸ビルで食べた餃子。ぷりぷりのエビとコリアンダーが美味しかったです。


 その翌日 映画を見に行った渋谷でさらに餃子が食べたくなって、センター街にある店に入りました。
 渋谷区で生まれ育ったボクですが、今のセンター街なんて場違いだ、と思います。そこにいるのは日本人にしろ、外国の人にしろ、観光客だらけで違和感しかありません(笑)。偏見かもしれませんが、歩いている人の服装や眼つきを見るだけでも緊張感を感じる(笑)。普段は通り過ぎるだけですが、店に入ってみると中国沿海部やアメリカの都市より遠い土地みたいです。それはわかっているけれど、とりあえずあまり体験したことがないことをやってみようと思ったんです(笑)。

 店に入るとカウンターにタブレットが置いてあるだけで、店員さんが来る気配もない。どうやら、タブレット↓で注文しろということらしい(笑)。回転寿司などではそういう仕組みがあるというのは聞いたことがあるんですが、行ったことがないのでボクはよくわかりません(笑)。渋谷なんて今は外国人だらけですが、高校生?のバイトちゃんもこれなら外国語を喋れなくても大丈夫。世の中はどんどん変わっているんだなーと思いました。

 餃子自体は別に美味しくもなく、不味くもなく(笑)。ニラ・ニンニクがたっぷり(笑)。だけど、こういう大量生産品は一度食べればいいかな(笑)。人間嫌いのボクですが、殆どしゃべらずに食事ができるというのは流石に衝撃的でした(笑)。
 ちっちゃな冒険でした。
●渋谷の餃子。これなら思い切り食べられる。一皿の値段は丸ビルのものと同じくらい(笑)。



ということで、新宿で映画『天才作家の妻 40年目の真実

 高名な作家、ジョゼフ(ジョナサン・プライス)と妻のジョーン(グレン・クローズ)は深夜、ノーベル文学賞を受賞した知らせを受ける。作家志望の出来の悪い息子を連れて、夫妻は授賞式が行われるストックホルムに赴くが、道中 ジョゼフの伝記を書こうとしている記者、ナサニエルクリスチャン・スレイター)から経歴についてしつこく質問を受ける。学生だったジョーンと出来てしまったことで名門女子校の教師をクビになり、作家を目指すが鳴かず飛ばずだったジョゼフは、ジョーンと結婚してから何故か傑作を書くようになった、というのだ。記者の思わぬ追及で、ジョゼフとジョーンの眠っていた感情が露わになり始める- - -
ten-tsuma.jp


 主演の女優、グレン・クローズアカデミー賞の前哨戦、ゴールデングローブ賞で主演女優賞を受賞した作品です。
 グレン・クローズと言う人は失礼ながら美人という感じではありませんけど、ボクは大好き。エミー賞トニー賞をそれぞれ3回受賞、アカデミー賞だけは6回もノミネートされていますが受賞歴なし。

 なんといっても映画デビューがボクの生涯NO1の『ガープの世界』の母ちゃん役です。

子供は欲しいけど男はまっぴらごめんというフェミニストで、負傷して病院に寝ている兵士にまたがってレイプして子供(主人公)を授かるという強烈な役でアカデミー賞にノミネートされました。これは素晴らしかった。
●主人公ガープ役のロビン・ウィリアムス(右)と。老母を演じたグレン・クローズはこれが映画デビュー作。

 それ以降も評価の高い人ですが、自らプロデュース&共同脚本まで行った2013年の『アルバート氏の人生』で女性は働くことが出来なかった19世紀のアイルランドで男装した女性の役を演じたのはまさに本領発揮でした。これまた、尋常じゃない素晴らしさ。今作はそれに続く系統の作品です。
spyboy.hatenablog.com


 映画は深夜の夫妻の寝室から始まります。詳細は書きませんが、この夫は登場から退場までトコトン、カス野郎です。
●妻と夫

 またクズ男かよ、といやーな気持ちになっていると、ノーベル賞受賞の電話が来ます。実際も電話で来るらしいですね。バカ夫は勿論、複雑な表情をしていた妻、ジョーンもさすがに喜びます。

 そこから、夫妻の過去と現在が入り混じる形でお話が展開していきます。ただ、あらすじ自体は見る前から想像できます。ノーベル文学賞を取った作家の作品は実は専業主婦の妻が書いたものだった、と言うものです。
ストックホルムで授賞式の準備が始まります。元来なら夫妻にとって晴れの日であるのですが。

●授賞式の準備で忙しい妻、ジョーンに夫の伝記を書こうとしている作家(クリスチャン・スレイター)が近寄ってきます。過去の資料を詳細に調べた彼は、夫の作品はすべてジョーンが書いているのではないか、というのです。

 二人は名門女子大で出会いました。文学教師だった夫。教え子だった妻。妻帯者だった教師は学生に手を出したことで名門校をクビになり作家を目指しますが、うまくいきません。
 ところが、あまりにも出来が悪い夫の作品を妻が全面的に書き直したら大ヒット(笑)。真に文学の才能があるのは妻の方だったのです。しかし二人が出会った当時 50年代末から60年代初頭は女性が作家になることは難しかった。仕方なく、彼女は夫のゴーストライターになることを選びます。
●若き日の妻と夫。妻役はグレーン・クローズの実娘が演じています。


 文学界にも女性差別があるのか、とも思ったのですが、ハリーポッターの作者、J・K・ローリングは作者が女性だと読者に嫌がられるのではないか、と邪推した出版社が、作者が女性であることが判らないように強要したペンネーム、だそうです。最近ですら、そうなのですから、夫妻が結婚した数十年前だったら、さもありなん。


 夫は家事と育児、妻は鍵をかけた部屋にこもって執筆する毎日を送ります。しかし、名誉や社会的地位は全て夫のもの。しかもこの夫は女性とみれば見境なく手をだすクソ男でした。それもいい歳こいてもずっと同じことをやっている超クソ男。見ていて虫唾が走るような下衆男。ジョーンにとっても、観客にとってもフラストレーションがたまります(笑)。夫を演じるジョナサン・プライスの徹底したクソ男ぶりはある意味、素晴らしい演技ではあります。

 亭主はクソ男、おまけに息子は出来が悪い。文学の才能だけでなく、経済的にも精神的にもジョーンが家庭を支えています。
●作家志望のドラ息子(右)。いい歳こいて自立もできないくせにコンプレックスだけは一人前。

 ただしジョーンの方もイノセントという訳ではない。そもそも妻がいるにも関わらず学生に手を出すようなクソ男を選んだのは彼女です。そこを突かれると彼女も強くは出られない。決して後悔はしてないけれど、彼女自身も複雑な思いを抱いています。


 お話しそのものよりノーベル賞の舞台裏やスウェーデンの景色には興味をひかれましたが、
f:id:SPYBOY:20190211152911j:plain

この映画の見所はなんといってもグレン・クローズの演技です。この目力、表情の変化、想像以上にすごいです。

 どちらかというと平板なお話しを、演技だけで観客を文字通り戦慄させ、涙させ、納得させる。単に演技力という言葉では表現しきれない見事な演技です。ここまでの演技を見たことって、ボクはあまり記憶にない。まじでゾクゾクしました。

 これを味わうだけで、文字通り、極上の時間を過ごせます。他のノミネート作品との兼ね合いで決まるのでしょうけど、この演技を見ているとどう考えてもアカデミー賞間違いなし、と思ってしまいます。
f:id:SPYBOY:20190211152518j:plain


 それだけではありません。女性のキャリアの問題とか、こんな下衆男じゃなかったら、ということだけではなく、最後にこの映画はもっと本質的な、人間に対する非常に深い洞察を突き付けてきます。社会的規範の問題はあるけれど、結局 その人が感じることが全てなんじゃないか、というラディカルな結論を突き付けてくる。

 ちょっと怖いけど、非常に考えさせられてくる映画です。高級品を味わってるなーという感じでした(笑)。おかげで素晴らしい時間を過ごさせてもらいました。

映画『天才作家の妻 -40年目の真実-』予告編

『日本人の年収分布』と読書『未来の再建』、それに『0208再稼働反対!首相官邸前抗議』

 寒くなったり、温かくなったり、それも極端な寒暖の差がある1週間でした。
 これからドカンと大雪が降るのかもしれませんが、それでもだんだんと春の足音が近づいてきているのを感じます。
駒沢公園を歩いていたら、梅が咲きかけていました。各地ではもう咲いているみたいですが、ボクは今年初めてだったので、嬉しかったです。


 一方 世の中の方は相変わらずひどい。統計偽造も酷けりゃ、その真相を究明しようともしない政府も酷い。


 アベノミクスの期間の成長率は平均で年率1%程度だそうです。以前と殆ど変化はありません。しかし国の借金はダダ増え。
 政府が弁明するように、確かに総雇用報酬は増えたけど、実質賃金は低下した。この議論で大事なのは実質賃金の低下はほぼ消費者物価の変動に相関しているということ。
雇用が増えたから実質賃金が下がったのではなく、アベノミクスによる物価上昇で実質賃金が下がった皆の生活が苦しくなったのです。



 何年も前から指摘してますけど、失政ですよ。失政。 
ボクは執念深いから覚えているんですが、アベノミクスを提唱していた学者連中、(理論的支柱と言われていた)伊藤隆敏(東大名誉教授)や内閣参与の本田悦郎(元官僚、元静岡県立大教授)は2,3年前に外国へ行ってしまいました。ボクは逃げたのだと思っています。
 広告塔のように妄言を吐いてた内閣参与の浜田宏一(エール大名誉教授)に至っては全然表に出てこないじゃないですか(笑)(もともと兆候があったように、マジでボケてるのかもしれませんが)。大蔵官僚に、東大に、エール大、肩書を盲信すると怖いですよね(笑)。
まあ、大統領在任中に、小学生にSCHOOLの綴りが間違っていると指摘されたブッシュもエール大+ハーヴァードMBAですが(笑)。下には下があります。
f:id:SPYBOY:20190207105849j:plain


 今週こんなツイートが話題になりました。元データ自体は毎年税務署が発表している、良く知られたものです。が、こうやってイラストにすると予想以上に判りやすい(笑)。感心しました。日本の現状を良く表しています。我々の生活が大変なのは世の中がこういう構造だからです。
f:id:SPYBOY:20190207164444j:plain

togetter.com

 もちろん都会と地方では事情は全く異なるし、これは収入ベースですから、豪邸住まいの年金収入の人なんかは正確に表せません(笑)。が、資産も含めて表現したら格差はもっと大きくなるのではないか。ちなみに年齢別にみると20歳から24歳の平均年収は258万円、25歳から29歳の平均が351万円、30歳から34歳の平均が403万円。

 これを男女別にみたら更に悲惨なことになります。この国は女性を搾取することで成立しているんでしょうか。おまけに家事を押し付けてるんだもんな。少子高齢化なんか、未来永劫解消するわけないじゃん(笑)。で、日本は滅亡する(笑)。


 今の日本では生活に余裕がない層が半分以上を占めている。世界第3位のGDPの国で、です。これは政治&社会の仕組みがちょっとおかしいのではないでしょうか。というか、おかしいと言う感覚を持つことすらできなくなっている、格差に対する感覚がマヒしている人が大勢いること自体がおかしいのでしょう。
f:id:SPYBOY:20190207105927j:plain

●この署名、中学生が始めたそうですよ。ボクも含めて、大人は恥ずかしいと思わないといけません。
www.change.org


さて、簡単な本の感想です。12月に出たばかりの本、『未来の再建

未来の再建 (ちくま新書)

未来の再建 (ちくま新書)

 増税&ベーシック・サービスによる福祉の拡充と再分配を説く井出英策慶大教授、NPO法人ほっとプラス代表理事聖学院大学客員准教授として貧困問題が専門の藤田孝典氏、NPO法人POSSE代表理事ブラック企業対策プロジェクト共同代表で労働問題が専門の今野晴貴氏の共著です。

 本の解説を引用すると『「くらしの場」、「はたらく場」、「保障の場」それぞれを再建し、自己責任社会から脱却すること。子育て、教育、医療、介護など、私たちが生きる上で必要不可欠な「ベーシック・サービス」を、すべての人に保障すること。そのためにはどうしたら良いか』について、著者それぞれが関連するテーマを章単位で担当するという形式になっています。



 普段から良くチェックしている人たちなので、個人的には目新しいところはあまりないですが、現場を熟知する藤田氏や今野氏の話は説得力があります。3人ともいかにして自己責任社会を脱却するか、というところに着目しているのは凄く良いと思う。

 だけど、この本で、全体的な見取り図が描けているかというとそこは不足を感じます。増税により福祉を拡充する、それも金持ちから貧困層まで医療や教育など生きるためのベーシックなサービスを保障しよう、という井出氏の話は賛成ですけど、『ベーシック・サービス』をどう定義するのかが難しい。そこいら辺への目配りがないのは現実的じゃない、と思ってしまう。ベーシックなサービスを『教育』とか『医療』などもっと、具体的に絞って議論をすれば良いと思うんですけどね。

 それでなくとも物議をかもした『富山は日本のスウェーデン説』(笑)など、井出氏は時々ピントが外れることがある。彼だけではなく、現実的視野と理論を両立できる、そんな学者が日本にはもっと大勢必要だ、と思います。
 
gendai.ismedia.jp

wezz-y.com


 著者たちの熱意は非常に感じられる。ただ、その分 ポエムに流れてしまうところもあって説得力は足りないところもある。

自己責任社会をどう乗り越えるか』、その理屈をボクもずっと考えているんですが、一つ言えているのは、自己責任を唱えているような連中は自分に落ち度はないと考えているんでしょう。自分は一人で生きていけると勘違いしているし、たぶん自分は絶対的に正しい、と思いこんでいる。一言でいうと、幼稚なんでしょう。仕事とか恋愛とかの経験を重ねてくると、普通は判る事なんですけど(笑)

 でも 自己責任万能論を唱えているような偏狭で頭が悪い連中を非難だけしても始まらない。いかにして幼稚な連中を『誘導』していくか。その理論的な枠組みが必要なんです。井出氏がいうベーシック・サービスもその一つではあります。

 非常に読みやすい本でさっと読めるし、この著者たちの意見に触れたことがない人は、この本は非常に良い切っ掛けになると思います。そんな本です。

f:id:SPYBOY:20190207105746j:plain


と、いうことで、今週も官邸前へ。#金曜官邸前抗議
明日は東京も雪だそうで☃️、午後6時の気温は5度。手袋をした手がかじかみます。今日の参加者は420人。
●抗議風景



 今日 女川原発2号機の再稼働是非を問う住民投票条例制定の直接請求が行われました。
f:id:SPYBOY:20190208153326j:plain
f:id:SPYBOY:20190208153355j:plain
this.kiji.is

 署名した人は約11万人、直接請求に必要な有権者数の50分の1(3万8841人)の約3倍だそうです。知事は住民投票条例案を2月の議会に提出するとのこと。

 住民投票の請求は各地で行われており、これで6か所目だそうです。他の地域では議会で否決されていたそうなのですが、今回はどうなるか。
 BREXITの例もあるように住民投票が必ずしも社会にとって良い結果をもたらすとは限りません。特に経済問題などはきちんと判断ができるだけの知識がない人だって多い。

 しかし今回は自分の命に関わる問題です。まさに住民投票に相応しいテーマじゃないでしょうか。まして女川原発津波と防潮壁との差がわずか80㎝あったことで助かった原発ですからね。