特別な1日  

-Una Giornata Particolare,Parte2-

怒りと祝福:映画『あんのこと』

 梅雨前の晴れ間、久しぶりに洗足池の辺りを歩いてみました。

 都会の住宅地の中に牧歌的でのんびりした光景が広がっています。この辺りは住んでいる人と環境、いわゆる人気(じんき)が良いと思う。皇后の実家、小和田家が近くにあるはずですが、こういうところに住めば心穏やかに暮らせるような気がします(笑)。一生に一度はこういうところに住んでみたいものです。


 先週 BS-TBSの『報道1930』、自民党の石破が出た回を見ていました。

 自民党内では嫌われているにも関わらず、選挙対策で総裁選に担ぎ出されるという話もあるようですが、石破はいつもこうです↓。

 テレビでは比較的まともなことを言うけれど、行動が伴わない。問題が起きたときに何か役に立ったことはない。

 これが石破の本質だと思います。今まで自民党内では全く人望がないのは何故だろうと思っていたのですが、良くわかりました。石破は今まで一度でも『行動』を起こしたことがあるんでしょうか。彼の行動らしい行動って一度 自民を離党しただけですよね(笑)。
 自民党内で徹底的に嫌われていて、二階以外に味方がいないという小池百合子もそうですが、TVではいくら飾っても周囲の人には見えてくるものがあるんでしょう。岸田も野党も問題はあるけれど、もっとひどい連中はゴロゴロいる。困ったものです。


 ということで、新宿で映画『あんのこと

 古ぼけた公営住宅でホステスの母親、足が不自由な祖母と暮らす香川杏(河合優実)は母から虐待を受けながら育ち、売春を強要させられ、更に覚せい剤の常習者になってしまう。刑事・多々羅(佐藤二朗)に補導されたことをきっかけに、更生の道を歩み出す。さらに多々羅の友人である週刊誌の記者・桐野(稲垣吾郎)らの助けを借り、杏は新たな仕事や住まいを探し始める。かすかな希望をつかみかけた矢先、コロナショックで彼女の周囲が一変する。

annokoto.jp


 『SR サイタマノラッパー』シリーズなどの入江悠監督の新作です。ボクはこの人のことは同志(笑)と思うくらい、思い入れがあります。
 最近は広瀬すず主演の『ネメシス』などのテレビドラマや『AI崩壊』などのメジャー大作を手掛けたりしていますが、当初の自主制作の頃から常に社会的な弱者の側に立った作品を作っているところは一貫しています。

 重いテーマの作品ですが、お客さん、入っています。満員かも。
 この映画は2020年に入江監督がたまたま読んだ新聞の記事にショックを受け、記事を書いた記者に取材したうえで脚本を書いたそうです。だから映画の冒頭、タイトルロールに『事実に基づく作品』と断り書きがでてきます。

 主人公はTVドラマ『不適切にもほどがある!』で話題になった?河合優実(この映画の撮影はドラマ放映前)、佐藤二朗稲垣吾郎らが共演しています。河合優実は3年前の傑作『由宇子の天秤』にも出ていたんですね。

spyboy.hatenablog.com

 映画は覚せい剤漬けの主人公、杏が売春で捕まるところから始まります。

 彼女を取り調べた刑事、多々羅(佐藤二朗)は麻薬常用者のリハビリ団体を主催していました。

 口は悪いし、態度も乱暴ですが、多々羅は杏をリハビリ団体に参加させ、覚せい剤から抜け出す手助けをします。

 杏が覚せい剤を常用したり売春をするようになったのには理由があります。幼時から母親にDVを受けて育ち、小学校にすら行けませんでした。12歳になると生活費のために母親から売春を強要させられ、16歳になると母親の男に覚せい剤を教えられた。彼女の腕はリストカットの痕だらけです。

●この母親っていうのはまれに見るクズで、ここまで酷いキャラの人間っていうのはボクは初めて見ました。

 小学校もでていない彼女は漢字もまともに書けないし、まして社会的な常識などない。誰も信じられないし、役所や警察に相談するなんてことすら判りません。周囲に彼女を助けてくれる大人もいない。孤立した彼女に何ができるというのか。

 ここいら辺の描写は入江監督お得意のリアルさです。ボクには想像もつきませんが、今の日本にそういう世界は存在するのでしょう。

 80年代や90年代には映画『トレイン・スポッティング』のように麻薬常用者の若者を描いた欧米の作品がいくつもありましたけど、どこかで遠くのことのように思っていました。今では日本を舞台にそのようなことを描いた映画に対して何の違和感も感じない。そこまで来てしまったんです。

 それでも彼女は多々羅や週刊誌の記者・桐野(稲垣吾郎)らに助けられながら、リハビリ団体に通って覚せい剤を絶ち、家を出てDV被害者のシェルターに脱出、介護施設に就職する。外国人と一緒に夜間中学に通い、日本語の!読み書きの勉強も始めた。

 彼女は働いた金でダイヤリーを買い、薬を使わなかった日には〇をつけていきます。そうやって日々を積み重ねていく。社会の風は冷たいですが、それでも彼女は生まれて初めて、自分のために生きるようになった。まともな人間との繋がりもできた。

 そこにコロナ禍が襲ってきます。ホワイトカラーはテレワークとか言ってましたけど、しわ寄せは非正規職員など社会的に不利な立場にいる人に集中します。

 折角できた社会的なつながりを彼女は次々と失っていく。

 この主人公の境遇が特殊、とはボクは全く思いませんでした。
 最近は映画を見るために歌舞伎町へ行けば、真新しい豪華ホテルや映画館の脇に昼間からラリッて道路に倒れているティーンエージャーが沢山います。夜になったら新宿や渋谷がどうなっているか、言わずもがなでしょう。
 先週 旭川で17歳の女子高生が橋の上から突き落とされる事件がありましたけど、そういう子供たちは全国でそれなりにいるのではないでしょうか。奨学金を使わなければ大学へ通えない子供が全体の半分を占めている国です。

 自己責任、とも思えない。スタートラインが違うのです。何でも自己責任で済むのなら国家も警察も学校も政治家も要らない。
 最低限の教育を受けておらず漢字すら書けない孤立無援の若い子にまで自己責任を押し付けるような、我々の社会はそんなに貧しいものでいいのかこういう環境に子供を追い込んでしまっていること自体、我々の社会の敗北です。ボクたちには責任がある。

 この映画から何よりも強く感じたのは沸き立つような『怒り』です。声高に誰かや何かを非難したりするようなシーンは全くありません。が、生活保護にしろ、警察内部の暗闘にしろ、マスコミの体質にしろ、我々の社会がこれで良いのかということを映画は執拗に問いかけてきます。入江監督が作品でこれだけ『怒り』を表現したことは初めてではないか。

 例えば、コロナ禍での非正規社員の休業や施設の閉鎖に対して『政府が決めたこと』と登場人物たちは言い訳をします。もちろん 政府や行政には大きな責任がある。しかし、それだけではない。我々もそれを思考停止の言い訳に使っていないか。この映画は問い詰めてくる。
 ちなみにこの作品には主人公の母親以外は悪人は出てきません。完璧な善人もいないけれど、悪人もいない。

 杏は彼女なりに意志を示し、立ち直ろうとします。そんな彼女を淡々と、しかし丁寧に描くこの映画は静かに『怒り狂っている』。ボクはそう感じました。
 ラストシーンの空を見ながら、改めて安倍晋三小池百合子のことが絶対に許せなくなりました。何がブルーインパルスだ。主人公の少女を殺したのはポーズをつけるだけで無為無策の政治家連中、あいつらです。

 二階堂ふみちゃんなど多くの俳優さんをスターにした入江監督の脚色は定評があるところですが、今回の俳優さんたちも皆 素晴らしいです。
 特に河合優実の、言葉は少ないけど感情を強く表現する演技や柔らかくなっていく表情の変化は凄いなあ、と思いました。ところどころで見せる間や繊細さも良かった。覚せい剤中毒の役作りなんかどうやったんだろう。

 河合優実は「彼女の人生を生き返す」とインタビューで答えていましたが、自分の運命を切り開こうとした主人公の在りし日の姿は充分 伝わってきた。

www.nippon.com

 世評では救いがない話、と言われているし、表面的にはそう見えるかもしれません。でも、それは違う。

 映画には如何にも入江監督らしい、市井の人々の、思わず嬉し泣きさせられるようなシーンがちりばめられています。介護施設で老人が主人公を庇おうとするシーンは今 思い出しても涙が出てくる。

 彼女が生きた人生は短かったかもしれないが、懸命に生きようとした姿は尊敬に値する。見ず知らずの人に救われた彼女が今度は人を救う側になっていったのですから。

 杏という人がこの世にいたことを残したい、監督も出演者一同もそういう思いで撮影したそうです。河合優美が言ってましたが『杏に近い境遇の人たちはこの映画にたどり着けない』。

 皮肉なことに、「これはあなたたちの映画だよ」っていう相手には届かない

 だからこそ、起きたことを忘れてはならない。
 この作品からは制作側や演者の強い気持ちが感じられます。彼女が生きたことを肯定し、祝福する、こんな映画が作られたことが『救い』です。連日満席が続いているのが良く判る、気合の入った傑作です。


www.youtube.com

『絶望への共鳴』(週刊東洋経済)と『クマとアニョー』(新緑の軽井沢2)

 今週はまず、酷いもの尽くし(笑)で行きましょう。こちらは言うまでもありません。殆どが時効になる10年先の領収書を公開してどうするんだって。


 これも驚いた。昨日 良く知らない日本のバンドが炎上してたのでチラッと見たら、3秒で『こりゃあ、ダメだ』と思うような酷いものでした。

 バンドもレコード会社も広告代理店も差別コンテンツをタレ流すYouTubeも正直言って頭おかしい。小学校すら卒業してないんじゃないか。

 最初はマスコミも持ち上げてた訳です。こいつらも同罪。今の日本人の知的レベルがここまで低いとは衝撃でした。人類失格。

 ポピュラーミュージックや映画など文化や芸術が政治と無関係でいられるなんてありえない頭も悪ければ、文化もない、それが今の日本人です。

 ついでに今に始まったことじゃありませんが、山本太郎一派の頭の悪さも酷い。今この瞬間にも亡くなっているガザの子供たちに顔向けができるのか。
 マジで支持者もろとも早く●ねばいいのに。


 さて、2,3週間前の『週刊東洋経済』に有名哲学者、スラヴォイ・ジジェクが面白いことを書いていました。

toyokeizai.net

 日本以外(笑)の世界中で広がっているイスラエルの虐殺に抗議するデモとかってのベトナム反戦デモとは根本的に違う。現代のデモは思想や理屈ではなく、パレスチナの人が抱える『絶望に共鳴している』、と言うのです。

 68年のデモ参加者は少なくとも言葉の上ではベトコンの反帝国主義的立場や、より広範で前向きな社会主義的取り組みにはっきりと共鳴していたのに対し、現在のデモ参加者がパレスチナ武装勢力ハマスに共鳴することは極めてまれだ。現代のデモ参加者はハマスではなく、「絶望に共鳴している」のである。

 確かにイスラエルに抗議しながらハマスに共感している人なんか、よほどのバカでなければ、殆どいないでしょう。イスラエルの残虐行為に怒っている多くの人、特に若者は、自分たちの世の中も悪くなる一方、と思っている。

 シジェクの言葉を借りれば『若者たちは自覚しているかどうかは別にして、生活環境は悪化の一途を辿ると考えている。気候変動は元に戻せず、戦争は長引き、核の雨の危険が迫っている

 その感覚こそが、何十年経っても状況が良くならないというパレスチナの人々が抱えている『絶望』に共鳴、共感するということです。

 バイデンが武器の供給を止めたり、日本を含む先進国がイスラエルとの貿易を停止すれば、虐殺は止められたかもしれない。けれど、そんなことにはならない。

 元来はアメリカが海からガザに侵攻して治安を立て直し、人道支援を行えばよいのだが、そのような展開は期待できない。
 
 これをシジェクは『アメリカの覇権喪失の負の側面』と言っています。

 それだけではありません。イスラエルが2万人近くも子供を殺すようなことは民主主義社会の理想や国際法がマトモに機能していれば防げたはずです。むしろ民主主義国のダブルスタンダード専制国のプーチン習近平の格好の宣伝材料になっている。
 我々は、目の前で民主主義の自己崩壊を見せつけられているという訳です。

 日本にしても30年間長期低落が続き、投票率は5割そこそこ。あと50年くらいは衰退が続くことが既に決まっています。言葉に出さなくても『この国はあと50年くらいはダメ』ということは誰もが良く判っている。そんな現実を与野党ともに直視しないところが日本の絶望をより深くしている。


 
 冷静に歴史を振り返れば、誰もが平和で自由に暮らせるような社会は実現したことはありません。そう考えれば、今ことさらに絶望する必要もない。やれることを地道にやっていくしかない。
 大昔の社会主義非武装中立、今でいえば山本太郎の『消費税撤廃』、ロートル左翼の『絶対平和主義』、維新や小池の(訳の判らない)『改革』みたいなポピュリズムが煽り立てる偽の希望を持つより、絶望を傍らに生きていく方が健全です。

 ただ、将来の希望がないことは苦痛でもある。人間はこの苦痛を抱えてどこまで生きて行けるのか、それで社会が成り立つのか、ボクには良く判りません。
 ま、政府も国民も手を携えて北朝鮮みたいな社会を目指している、と言われるとそうかもしれませんが(笑)。

 本当のディストピアとは『絶望すらできない社会』かもしれません。


 5月末の 軽井沢、先週の続き、です。いよいよ、お楽しみの夕食です。

 アミューズは泡で桜の香りをつけたさより
 ピンクのお皿の上に載っています。

 泡に合わせるのは泡(笑)。ロゼのシャンパンです。
 今回 個別のお皿に合わせたペアリングだと飲み切れないので半分の量にしてもらっています。その代わり良いワインにしてもらった。

 地元でとれた熊とモツァレラ
 上にはハチミツがかかっています。今年も熊が人間を襲う事件が各地で起きていますが、人間も怖い。やっぱり熊は美味しいです(笑)。

 合わせるのも地元のロゼ。

 ホテルに近いワイナリー、作家の玉村豊雄がやっている’’ヴィラデスト’’のソーヴィニヨンと合わせて。

 ハマグリと小松菜
 千葉のものだそうですが、でかいハマグリでした。

 さらに松本の一本ネギという品種のマリネ
 下には蕗の薹のソース、上にはマスカルポーネかな。これは美味しかった。

 ホタルイカとヴァン・ジョーヌのムース
 スイスとの国境地域で作られる独特の黄色いワインですが、濃厚な味がホタルイカにぴったりです。その上にこの前 自由が丘でも食べたイタリアのグリーンピース、ピゼッリと菜の花が載って爽やかさを出しています。

 勿論ワインもヴァン・ジョーヌ。

 ロワールの白アスパラ
 皮を剥いてこれですから、太い!茹で加減も完璧。ちゃんと身に皮の味が戻っていた。肉厚のポルチーニが添えられています。ポルチーニは長野でも何とか茸(忘れた)と呼ばれていて、地元で取れるんだと思います。

 じゃーん。シャトー・マルゴーの白(笑)。ボルドーの白らしく、ミネラルがはっきりしていて美味しかったです。

 
 新玉ねぎのソースをまとっています。添えられているのはこごみと甘夏のジャム。

 合わせるのはじゃん!シャサーニュ・モンラッシュ。

 メインはアニョー、この季節ならではの乳飲みの仔羊です。
 最初に焼いた塊を見せてくれました。

 切り分けたもの。子羊特有の柔らかさ!ソースは肉汁を煮詰めたもの。付け合わせは青梗菜。

 羊にはピッタリのポイヤックのグランヴァン。香りが徐々に開いていく感じが最高です。こんなもの、普段は飲めません。もう泥酔してるんですが意地でも飲んだ。

 デザート一発目は蕗の薹のゼリーと日本酒のシャーベット
 蕗の薹の苦味が素晴らしかった。

 イチゴのデザート
 手が込んでいます。泡の下はマスカルポーネ

 食後のお茶菓子は巣箱に入れられて持ってこられました。

 それぞれの棚にお茶菓子が入っています。

 部屋に帰ってベランダへ出てみました。

 遠くに小諸の夜景が広がっています。

 普段は見られない、奇麗な景色を見ると出かけて来てよかった、と思います。

 山だと普段より早起きになります。

 朝食は牛乳から。日本で一番古い洋式牧場という群馬の神津牧場のジャージー牛の牛乳です。牛乳もバターもすげえ、うまい(笑)。特にバターはチーズみたいな濃厚さでした。東京でも買えるところがないか、今探しているところです。

 ミネストローネもちゃんと作れば美味しいということがわかりました(笑)。

 焼き立てパン。自家製のものと軽井沢の有名店、浅野屋のものだそうですが、自由が丘でも買える浅野屋のものは残した(笑)。

 夜に続いてロワールの白アスパラ。自家製のオランデーズソース和え。ロースハムも自家製。オムレツなんかより満足感ある(笑)。

 具だくさんのサラダ。

 チェックアウトは11時。軽井沢見物も興味ないので、寄り道もせず東京へ直行で帰りました。
 時期も完璧だったし、楽しい一泊旅行でした。食事も美味しかった。
 この時期の軽井沢は湿度が低いし、寒くもなく、訪れるには絶好なのかもしれません。また行ってみたいです(笑)。

クラプトンの新曲『Prayers of a Child』と映画『関心領域』

 最近は朝、マンションの池にいる鴨ちゃんにお見送りされて?出勤しています。去年も来た子がつがいで戻ってきたのかもしれません。
 噴水が出ていても二羽とも全く恐れる様子がありません。関心すら、ないのでしょう。確かにここでは外敵もいないし、幸せなんだろうなあ。


 エリック・クラプトンが、イスラエルに殺されていくガザの子供たちを取り上げた新曲『Prayers of A Child』を発表しました。
 著名なロックギタリストですが50年前にステージで酔っぱらって移民への差別発言をして、特に社会問題に敏感なパンク世代からは大きな非難の的になりました。最近でもコロナの流行の際 マスクやワクチンを否定する陰謀論を唱えた人です。オツムはあまりまともではない(笑)。ボクは彼には殆ど関心はありません。

 しかし、今 ガザで起きていることを直接的に描いたこの曲とMVには心を打たれました。


www.youtube.com

 『もう、やめてくれ』、『どうか許してほしい』、『人間には自分が何をやっているかすら判らないときがある』

 率直で悲痛な歌声を聞いていると、かってクラプトンが自分の4歳の息子を家の窓からの転落事故で亡くしたことを、イスラエルに殺されているガザの子供たちに重ねているようにすら聞こえます。

 グーグル自動翻訳を使ってみました(笑)。

 この歌はガザのことを報じるニュースを見た時の気持ちを代弁している、と思いました。許しを請うことしかできないなんて我ながら情けないけれど。

 それでも今 起きていることに関心を寄せ続ける事には意味がある、そう思います。目を背けず、今 何が起きているかを知ろうとすること、知らせようとすること。こんな世界だからこそ、そういう行為には意味があるとボクは思います。


 と、いうことで、六本木で映画『関心領域

 1945年のポーランドアウシュビッツ強制収容所で所長を務めるルドルフ・ヘスクリスティアン・フリーデル)と妻のヘドウィグ(ザンドラ・ヒュラー)は、収容所と壁を隔てた隣の家で暮らしていた。所長一家や隣人たちは収容所で何が起きているかを気にもとめないまま、戦時下にも関わらず、満ち足りた日常を送っていた。

happinet-phantom.com

 昨年のカンヌ映画祭でグランプリを受賞、アカデミー賞でも作品賞、監督賞など5部門にノミネートされ、国際長編映画賞、音響賞を受賞した話題の映画です。第2次世界大戦下 実在したアウシュビッツ強制収容所所長とその家族を描いた小説を原案にしたドラマです。監督のジョナサン・グレイザーアカデミー賞授賞式でもガザの虐殺に抗議していました。出演は『ヒトラー暗殺、13分の誤算』などのクリスティアン・フリーデルや『落下の解剖学』などのザンドラ・ヒュラーなど。

 こんなテーマの作品なのにお客さんが凄く入っていたのは驚きました。結構ヒットしているみたいですね。

 映画はアウシュビッツの所長一家の何気の無い日常を描いていきます。広い庭、大きな家、お手伝いさんが何人もいる。子供たちが庭で遊んでいる。それだけなら、何の違和感もありません。

 この映画は音が主役、と言われています。
 前半はゴーっという、まるで焼却炉で何か燃やしているような低音が常に流れています。どこかホラーのような不気味さです。しかし登場人物たちは気にしません。水泳をし、散歩をし、家事をし、社交にいそしんでいる。

 幸せそうな日常に時折 不協和音が挿入されます。

 妻が嬉しそうに毛皮のコートを自分に合わせている。ひとしきり合わせたあと、お手伝いさんにクリーニングに出すよう命じます。そのあと妻が友人たちと駄弁っている。『カナダ』から持ってきた衣類や宝飾品のことを本当のカナダから持ってきたと勘違いした別の友人の噂話をしている。
 ユダヤ人たちから取り上げた衣類や宝飾品をしまってあるところを『カナダ』と呼んでいるのです。先ほどのコートも『カナダ』から持ってきたものに違いありません。

 ヘス一家の家には大勢の使用人がいます。妻は彼らを殆ど人間扱いしていない。物のように扱っている。そしてヘスは深夜、女性を自分の部屋に呼びつけたりしている(最低の野郎です)。
 彼らはゾンダーコマンド。労働や死体処理など使役に使われるアウシュビッツユダヤ人です。用が済んだら殺される。ことさらに説明はありませんが、判る人にはわかるようになっている。

 庭の向こうには大きな建物が見えます。これもまた、何の説明もありません。これは何なのか誰もが判る。時折 列車が到着して、大勢の人々が降りてくる音が聞こえる。また、悲痛な悲鳴や銃声や怒声が聞こえてくる。煙突からは常に煙が立ち上っている。

 子供たちが近くの川で遊んでいると、流れてきた灰で汚れるシーンがあります。親たちは家に連れ帰って、懸命に洗う。何の灰なのか、親たちは判っています。

 所長のヘスは特に心を痛めている様子もありません。

 彼は良き家庭人であり続けます。そして仕事では部下に指示を出し、パーティで挨拶し、上司におべっかを使って、『政治』にも抜かりがありません。
 彼らが度々会議で口にする『生産性』や『効率』とはもちろん、如何に迅速かつ手間をかけずにユダヤ人を殺すかについてです。会議では如何に効率的に『処理』するか、出席者たちは大真面目に議論しています。

 そんな彼も一人の父親として子供たちを愛している。彼ら夫婦はドイツ本国より『環境の良い』この場所で子供たちを育てていきたいと考えています。

 戦争後は農業でもやりたい、と将来の夢を語ったりすらします。

 ナチの連中は勿論、所長の家族や一般のドイツ人、ポーランド人まで、アウシュビッツで何が行われているか良く判っています。戦後 多くのドイツ人やポーランド人は『知らなかった』と言い訳しましたが、嘘だったことがはっきりわかるようになっている。
 穏やかな生活を送っている彼らも共犯です。

 時折 画面にサーモグラフィーの少女の画面が挿入されます。リンゴのようなものを土に埋めている。

 ボクには何なのか判らなかったのですが、当時 そっとアウシュビッツの収容者に食料を配っていたレジスタンスの少女が実在したそうです。この映画で描かれる唯一の希望、でしょうか。

 画面から不穏な音は常に途切れることはありません。この映画では暴力は全て音で表現されている。だからこそ救いがない。アカデミー音響賞を受賞したのは当然でしょう。

 登場人物たちは我々と何ら変わらない。ヘスは家族を愛し、奥さんの不満をなだめ、社内政治にも気を使い、仕事では有能であろうとする。奥さんは子供を愛し、妻同士の噂話にいそしみ、日々の生活に忙しい。しかし、彼らはユダヤ人の運命に全く関心がない。

 彼らの姿は現在に生きる我々の日常と繋がっています。ガザで起きていることを知らんぷりしている我々は、この映画の登場人物と同じではないか、監督はそう語っています。

 非常に完成度が高い映画です。静かに、そして執拗にアウシュビッツで何が起き、そして今に繋がっているかを描いています。アウシュビッツと同じことが今、ガザで繰り返されています。我々もヘス一家と同じことを繰り返すのでしょうか。デカい画面で、音響の良いスクリーンで見るべき作品です。

www.youtube.com