特別な1日  

-Una Giornata Particolare,Parte2-

ETV特集『パンデミック 揺れる民主主義 ジェニファーは議事堂へ向かった』と映画『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』

 週末は良いお天気でした。かといってボクは何か特別のことをするわけでもない、普段通りの生活です。
 とにかく頭の悪い人間と関わらずに、心静かに暮らしていたい。それだけです。それだけなんだけど、仕事にしろ私生活にしろ、これが大変なんだよな~。
 店や電車の中で連れ立ってべちゃくちゃ喋ってるマヌケやマスクなしでジョギングしている筋肉バカとか認知症じじいが居ますからね。道を歩いているだけでも、おっかないですよ~。

 お願いだから、ボクの半径3メートル以内にはバカは入ってこないで欲しい

 日曜は楽しみにしていた入江悠監督のドラマ『ネメシス』第1回の放送もあったのですが、放送が夜遅いので未だ未見。ボクは翌日に仕事がある日は9時過ぎに寝ちゃうんです。これから録画で見るのが楽しみ。

 来週は入江映画でおなじみのラッパー、般若氏が出るらしい。この人、本当の●クザにしか見えないもんなあ。


 一方 休前日の土曜深夜にやっていたETV特集パンデミック 揺れる民主主義 ジェニファーは議事堂へ向かった」は圧倒的に面白かったです。

www.nhk.jp

 今年の1月トランプ派の暴徒が国会を襲撃した際、集会に参加し現場にもいた60過ぎの元教員のジェニファー、コロナは虚偽とか民主党は幼児の人身売買をやっているというデマを撒き散らすQアノンを信奉していた女性、老後にトランプ派になって国会を襲撃した父親と縁を切ったという30代の女性、という3人のインタビューを中心に、イアン・ブレマー、フランシス・フクヤマなどの学者の解説を加えたものです。

 3人の女性のインタビューで共通しているのは、自分や老親がトランプ派になったのは『リーマンショックで経済的に打撃を受けたこと』、『白人の自分が被害者だと思っていること』、『SNSに大きな影響を受けたこと』です。それがコロナで爆発した。

 温厚な印象があった国際政治学者のイアン・ブレマーが労働者階級出身の自分の母親がトランプ派になってしまったそうで、怒りをぶちまけていたのが印象的でした(笑)。『もはや、アメリカは自国のシステムが中国やロシアに対して優位に立っていると言うことができない』って言ってました。

 トランプ派だけの問題ではありません。『格差がどんどん拡大していくなかで生活の不満を解消するために、自分のアイデンティティを国や人種に求めてしまった』というのは日本のネトウヨと変わりはありません(笑)。日常の不満解消という意味ではウヨだけの話じゃなく、例えば消費税廃止という信仰に置き換えれば山本太郎信者も一緒です。

 単なる右左のイデオロギーの問題ではなく、経済・人的つながり・教育など様々な面での格差が拡大するに従い、デマや陰謀論に煽られたポピュリズムが世界的に広がっている、それが問題の本質です。

 これらの陰謀論、宗教染みた発想はSNSによって育まれてきます。自分が好みそうな動画や意見がネット上のAIによって自動的に表示され、自分がどんどん狂っていく

 じゃあ、どうするのか。番組では二つの対策が紹介されました。
 一つは『ネット上のデマ拡散はその都度 異論を挙げていくことで抑えられる』というジョージ・ワシントン大のニール・ジョンソン教授の話。

 テロを監視する『情報疫学』の専門家である彼がネット上の拡散の量やスピードを調べたところ、トランプ支持の極右過激派とISのネット上での参加者の増加の仕方は全くそっくりだったそうです。デマがデマを呼び急激に立ち上がっていく。デマやフェイクの拡大にはスピードも寄与している。
●トランプ支持の極右過激派とISのネット上での広がり方は全く同じでした。

 しかし、デマの中に異論が入ってくると、拡散のスピードががくん、と遅くなるそうです。だからネット上のデマを放置せず、異論を挙げていくのが大事、というのです。個人としても、自分と違う立場の意見、異論に触れるのが大事なのと一緒です。


 もう一つは政治制度の問題、とするハーバード大Shoshana Zuboffという人の話が面白かった。最近 注目されている人です。
●『監視資本主義の時代』オバマ元大統領が年間のベスト本に入れたことでベストセラーになりました。翻訳待ち

 デジタルは我々に大きな利便性をもたらしたけれど、企業がデータを勝手に活用するなど我々を監視し、搾取するようになってしまったフェイクニュースやインチキな主張の拡散も過激な主張を載せればアクセスが増える、という企業の利益追求が原因です。デジタルのために民主主義社会が損なわれるようになってしまった。


 言い換えれば人間の理性や倫理はまだ、デジタルに追いついていない。我々はデジタルの利便性を生かしつつ、それを民主主義の傘の下に入れるようロジックや法制度を改革していくべきだ、というのです。
f:id:SPYBOY:20210412201056j:plain

 確かにそうだな、と思いました。ネット上のデマやフェイクは言論の自由、と単純に片づけてしまってはいけない。デジタルの利便性と社会の利益に調和させるロジック・倫理(と制度)を考えていかなくてはなりません言論の自由にはフェイクやヘイトで他人を傷つける権利はないんです。
 キャスターの道傳愛子氏の的確なインタビューも相まって、見る者の思考を拡げる番組でした。すごく良かった。今週 再放送あります(4月14日(水)深夜24時 [15(木)午前0時])。

 と、いうことで、新宿で映画『きまじめ楽隊のぼんやり戦争
f:id:SPYBOY:20210406164925p:plain
bitters.co.jp

 津平町で暮らす露木(前原滉)は毎朝 楽隊が演奏する音楽で目が覚め、寝床から出て顔を洗い、服のほこりを払って仕事に出かける。第一基地という建物で制服に着替えたら、準備運動をして、夏目町長(石橋蓮司)の訓示を聞く。そんな日々を送る中、露木は翌日から楽隊に異動するよう命じられるが。

 
 昨年の映画祭、東京フィルメックスで審査員特別賞を受賞した作品です。受賞理由は『ユーモアと想像力に溢れたこの映画は独自の映画的世界を自由に創造している。その虚構の世界は、私たち皆が住む現実世界について基本的ではあるが忘れられがちな質問を投げかけている。』


 主人公の露木(前原滉)は毎朝 楽隊の音で目が覚めます。昭和のような家屋が並ぶ住宅地を4人編成の楽隊が行進しています。露木は身支度をして背広にネクタイ姿で出勤する。

 隣家に住む同僚の藤間(今野浩喜)を始めとして、

 登場人物は全て曲がるときは直角に曲がり、セリフは棒読み、感情がなく機械仕掛けの人形のように動いている。
●主人公が毎朝食事をとる謎の煮物屋

 理由は判らないが村は隣村と戦争をしています。誰も隣村の人間のことを知らないが、何やら恐ろしいところらしい。
毎朝 人々は『第1基地』という古いレンガ造りの建物に出勤、兵隊の服に着替えます。それから体操をして、町長の訓示を聞く。

 町長(石橋蓮司)は兵隊たちに『戦争をする理由はわからないががんばりましょー』という訓示を繰り返すのみです。

 兵隊たちは毎日朝9時から5時まで戦争に従事します。河原に伏せて川の向こうへ、時折 銃を発射する。たまに向こうから弾が飛んできて戦死者やけが人も発生しますが、騒いだり嘆くものはいない。時間は淡々と過ぎていきます。

 昼休みは定食屋で食べる。店主(片桐はいり)は上流の激戦地で戦っている息子の自慢話ばかり。

 やがて主人公は軍楽隊への異動を申し渡されます。

 戦場の河原でトランペットを練習していた彼は、向こう岸からもトランペットの音が聞こえてくるのに気が付きます。

 そんなある日 村民は村長から『どんなものかは判らないが、すごい兵器を持った、すごい部隊がやってくる』ことを知らされます。
●村人は毎朝古いレンガ造りの建物に出勤して、戦争を始めます。

 映画は、奇妙だけど懐かしいような風景と人々を描いていきます。そう、これらの風景や人々はまるで日本人の強烈な戯画のようです。
 型にはまった感情表現、議論はしないけど全会一致の集団行動、産む機械として扱われる女性、人々は疑問を持たずひたすら、決まりきった日常に没入しています。

『理由は判らないけど戦争をします』って、まさに上意下達の日本人の行動原理です。理由も説明しない政治家とそれを問いたださない国民の馴れあいが奇妙な日常を作り出している不条理が延々繰り返されるとともに当たり前になっていくそれが今の日本じゃないですか。
 

 ただ、決まりきった日常の描写が延々続くのはいいんですが、ちょっと繰り返しが長い。オフビートで強烈なパロディにはなっているんだけど、日本人がバカで非論理的なのは最初から判っています。だからそれだけをひたすら強調されても新鮮味がない。

 映像としてはボクでも知っているような有名俳優が出ているので、それほど退屈はしないですが、これでいいのか(笑)。無表情に棒読みのセリフを繰り返す人々を見ていると、日本人にもまだまだ面白い顔の人がいるなーとは思いますが。


 決まりきった日常にはやがてカタストロフが訪れます。戦争なのか、原発事故なのか、ハイパーインフレかは判りませんが、将来の日本もそうなりかねないのはまさにその通り。

 かなり強烈な反戦映画ではあります。映画の中に日常のなかのほころびが見えなくもないのですが、繰り返し描写が強調され過ぎていて埋もれてしまっている。日本はダメダメ論者のボクでも流石に、もうちょっと、と思いました(笑)。猛毒でユニークな映画であることは間違いありません。

www.youtube.com

『今年初めてのフキノトウ』と『ワクチンを巡る内緒話』(笑)

 やや寒いですが、さわやかなお天気ですね。今年 初めてフキノトウを食べました。

 いつもの、近所のイタリアンです。フキノトウジェノベーゼみたいにペーストにしてホタルイカと合わせたパスタ。ジェノベーゼより遥かに味が濃くて、身が甘いホタルイカと苦みがマッチしてました。苦いフキノトウ、大好きですが、天ぷら等揚げ物は家で作らないので中々食べる機会がないんです。

 苦みと言えば、白アスパラも。

 今回もロワール産のものですが、今年 今まで食べたものより大分太くなってきました。これくらいだと食べた気がします。一旦 炭火で焼いてから鯛の切り身と一緒に包み焼きにしたもの。焼いたアスパラは茹でたものより苦くて美味しい!

 苦いものってデトックス効果があるそうですけど、春になるとこういう食材が食べたくなるのは人間も動物なんだなーと思います。
  


 一方 動物以下の知能しかない大阪府知事の吉村が東京より早く緊急事態宣言を解除させたのは、とんでもない結果になりました。花見や卒業・入学式の時期に緩めたら、感染が増えるのは当たり前。完全に人災です。
 東京もまた、何とか宣言です。もう良くわからない(笑)


 先進国では最も遅いとは言え、日本でもやっと来週から、ワクチンの接種が始まるそうです。
 東京で先行する2か所のうち世田谷は老人ホームに優先接種ですが、八王子は電話先着順、あっという間に枠が埋まってしまったそうです。アホですね。
 昔 コンサートチケットの争奪戦でチケットぴあなどに電話を延々かけまくったものですが、あれほどくだらない作業はない。いまどき年寄りにそんなことをさせてどうするんだって。

 単にワクチンだけの問題じゃなく、1年間 医療体制の整備をまともに進めていなかったから、緊急事態宣言したり、しなかったりするような事態になってしまった。振り回されている飲食店は気の毒です。


 外国ではワクチンの接種は日本より遥かに進んでいます。イギリスは人口の47%が1回目を接種。70歳以上では9割、アメリカは人口接種率32%、EUは14%、中国は6%(でも既に1億回)だそうですから、日本の遅さは何なんだ、としか言いようがありません。
英首相「私もパブでビールを」 感染状況が劇的改善(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュースnews.yahoo.co.jp


 ボクの勤務先でもそうですが、今 企業では海外駐在員の接種が問題になってきています。日本以外の国は外国人にも接種がどんどん進んでいるからです(笑)。特に駐在員が多くてワクチンの安全性に不安がある中国。
 結局 各人の自由意思に任せるしかない、というのが色んな企業の判断のようです。そりゃあ、そうですよね。

 驚いたのは中国では接種の順番は現役世代が先、老人が最後、ということです。経済回復と同時に感染拡大を防ぐために、現役世代から先に打つ方針らしい。確かに活発に動き回るのは現役世代ですから、感染拡大防止という観点では一理あります。

 他の先進国では有り得ないですが(笑)、冷たいけれど合理的な判断ではあります。考え方の違いは面白いですよね。ただ、こんな怜悧な判断を出来る国とは戦争なんか絶対にできないと思います。

 ちなみに上海に駐在している人に聞いたら、今 中国では感染者が出るとその地区の当局者が罰せられるそうです(笑)。だから、当局者はほぼ強制でワクチンを接種させるらしい。もちろん外国人もです。英語が通じるセンターが作られているそうです。今 外国人が申し込むと接種は5月、地区によっては7月といってました。

 もともと一人一人が健康管理アプリで管理されてますから、PCRが陰性でなければ地下鉄にも乗れないし、鉄道や飛行機の切符も買えない。ワクチンも接種してなければ同じことになるでしょうから、要は接種しなければ生きていけない。

 中国のワクチンの安全性はよくわかりませんが(笑)、現地の日本人に聞くと『中国の薬は強いけど、よく効く』という声も聴きます。ブラジルなどで接種されているロシア製よりはマシでしょうから、まず生活できなければ打たないという選択肢はない。
 東京新聞の記者が北京で打ったそうです。
www.tokyo-np.co.jp


 いずれにしても、何も考えてない日本以外はどこの国も一刻も早くワクチンを接種させて経済を回復させようと言う戦略です。今週 IMFが出した最新の経済見通しで、一層 明確に差が現れてきました。

f:id:SPYBOY:20210408084423p:plain

21年、22年ともに日本はアメリカ、EU、中国、低所得国 全てのグループの中でもっとも成長率が低い。中途半端な感染対策の結果 経済回復が最も出遅れる(笑)。ここでもまた、日本は敗戦を繰り返した訳です

 一番問題なのはそれでも日本人が敗戦を敗戦と認識してないことです(笑)。
 今 世界的に半導体不足で揉めていますが、半導体はかっては日本の天下でした。太陽電池もそう。どちらも今や日本は中国、台湾メーカーの足元にも及びません。こうやって負けまくっていることすら多くの日本人は認識してない。これでEVが普及して自動車まで負ければ、日本は一気に低所得国になりかねません。
 いくら呑気でも、多少は危機感を持つべきじゃないか、とボクは思うんですけどね(笑)。
●有名会計事務所、プライス・ウォーターハウス・クーパースの将来のGDP予測。日本は2030年にはインドに抜かれ、2050年にはメキシコにも抜かれています。調査した年によって絶対金額は変わっていますが順位はほぼこの通り。コロナみたいな危機が起きるたびに日本の衰退は更に早まるでしょう。ちなみに先週 新入社員向け挨拶にこの表を使いました。現実を理解してもらわないと(笑)。
f:id:SPYBOY:20210408153853p:plain
21世紀前半の経済はアジアの時代に~レポート「2050年の世界」が予測する大幅な経済変動 - 榊原英資|論座 - 朝日新聞社の言論サイト


 さて、先日 定期的に話を聞いている大臣の元政務秘書からレクチャーを受けました。彼は官邸にも、野党にも呼ばれて話をしている人です。

 コロナについて政府のシナリオを聞きました。
 まず、政府はPCR検査を増やそうとは全く考えていないそうです(笑)。彼らの今の最優先課題は高齢者への接種。そうすれば死者・重症者は減るから医療供給体制に余裕が出来る。そうやって緊急事態宣言になるのを防ぎ、7月末までに高齢者への接種を終わらせ、オリンピックをやり、秋口に選挙、というシナリオだそうです。

 ま、高齢者にさえ接種すれば死者・重症者は減り、病院のベッドは空く、というのは確かに目先のロジックとしては正しい。でも、市中に感染が広まるリスクや新たな変異株の発生のことは全く考えてない政治家連中の関心は目先の選挙だけ

 とにかく内閣支持率はコロナの感染と負の相関にあります。つまり、感染者が増えると内閣支持率は下がる

f:id:SPYBOY:20210408164023p:plain
www.yomiuri.co.jp

 今 政府は役人に『左寄りの政策を探せ』という指示を出しているそうです。ちょっと前にマスコミに出た『こども庁』もその一つ。
 今 新卒の求人倍率は2年連続で低下しています。来年はもっと悪化するのは間違いない。

f:id:SPYBOY:20210408172444p:plain

 新卒の求人倍率が下がると自民党の支持率も下がるそうなんです。政府はそれに危機感を感じているらしい。つまり『こども庁』は世論対策です。

 自分たちの権力維持のためとは言え、国民世論に敏感なことだけは自民党に感心しますこの点は野党は遠く及びません

 コロナ禍での失業者は10万人超と発表されています。

 当初 失業は100万人にも上るのでは、と言われていましたから、リーマンショックの際に造られた雇用調整助成金は今回も効いています。逆に助成金の対象にならない飲食店などの雇用にしわ寄せが行っている。それに延長を繰り返してきた助成金も5月から縮小し6月には切れます。そのあとが心配です。


 アメリカもイギリスも中国も、外国には感染予防と経済の両立を図るという明確な戦略があります。
 特にアメリカは道路や橋やインターネット網の整備、新型コロナウイルスからの復興を目指す経済・雇用対策、気候変動対策、高齢者や障がい者福祉に8年間で220兆円も投資する「米国雇用計画」を立てています。昨日、バイデン大統領はその財源を法人税多国籍企業への(15年で)275兆円の増税で賄う案を発表しました。

www.nikkei.com

 今回は富裕層への増税を見送ったところが大統領の妥協点、落としどころなのでしょう。
●落としどころがあるからこそ、大企業も賛成するわけです。
 


 一方 日本の政治家は自分の権力のために、短期的な人気取り政策ばかりに血道をあげている。これは与党だけでなく、野党も、特に消費税ゼロとか言ってるバカ連中も一緒です。安倍晋三最低賃金アップや今回の『こども庁』もそうですが、野党は目先の人気取りばかり言ってるから政府に左寄りの政策を取り込まれて、差別化ができなくなる

 バイデン大統領の案のように、現実的な中長期のビジョン、つまりコロナ感染防止と経済政策の両立、そして将来のより良い社会を目指す政策を目指す政党・政治家は日本に現れないのでしょうか。

映画『ノマドランド』

 週末は文字通り、ぶっ倒れていたんです(笑)。
 食べ過ぎ・飲み過ぎが引き金になって、寒気がして熱がどかーと出て、ぶっ倒れる、ってことが年に1、2回あるんです。自分では食べるのも飲むのも極端なことはしていないつもりなのですが、普段の生活で精神的、肉体的に緊張しているのが時折反動が来る、そんな感じです。最近はストレスで眠りも浅くなっていて不整脈みたいなものも出ているので、自律神経にも来ているのでしょう。張りつめているのに対してパーンと身体が弾けて身体の凝りを解こうとしているのが自分でもよく判ります。

 時々16時間のプチ断食や、生姜で身体を温めるとか、自律神経のために定期的にコーヒー断ちをするとか色々やってるんですが、ストレス生活という根本の原因に対して、所詮は小細工に過ぎない、ということでしょう。


 ストレスは仕事だけでなく、昨今はコロナでも無意識に感じているのだと思います。ストレスを感じないようにすると言っても、この世に人間が居る限りムリ(笑)。だから早く定年になりたいんですよ(泣)。

 何も食べずに漢方の風邪薬を飲んで12時間くらい寝れば治るのですが、久々にぶっ倒れたという感じでした。昨今はコロナもあるから気を付けていたのですが、暖かくなって油断しました。
●週末は桜吹雪が舞っていました。


 と、いうことで、六本木で映画『ノマドランド
f:id:SPYBOY:20210404092629p:plain
searchlightpictures.jp

アメリカ・ネバダ州の小さな町に暮らす60代の女性ファーン(フランシス・マクドーマンド)は、リーマンショックによる企業の倒産で住み慣れた家を失ってしまう。彼女はキャンピングカーに荷物を積み込み、車上生活をしながら過酷な季節労働の現場を渡り歩くことになる。現代の「ノマド遊牧民)」として一日一日を必死に乗り越え、その過程で出会うノマドたちと苦楽を共にし、広大な西部をさすらう生活とは。


 今年のアカデミー賞の大本命と呼ばれ、作品賞、監督賞、主演女優賞、脚色賞、撮影賞、編集賞など主要6部門でノミネートされている作品です。既にゴールデングローブ賞ではドラマ部門の作品賞、監督賞を受賞、第77回ベネチア国際映画祭 金獅子賞を受賞しています。

 夫を数年前に亡くして一人暮らしだったファーンは街の中心だった企業の撤退に伴い、家と職業を失います。唯一の産業だった石灰の採掘が終了してしまったころで、街の郵便番号自体が無くなってしまうんです。町は廃墟になる。ファーンは僅かな家財をおんぼるキャンピングカーに詰め込み、路上生活の旅に出ます。

 ファーンは車で各地を移動して、感謝祭前のアマゾンの配送センター、キャンプ場の下働き、ファーストフードの店員などの職を転々としながら、僅かな現金を稼ぎ、車で暮らしながら生計を立てていきます。

 世界大恐慌の際 失業した労働者が農作物の取り入れ等の職を転々としながら各地を放浪していたのは怒りの葡萄などで描かれています。

 リーマンショック後 それと同じように、家を失って遊牧民ノマド)のように暮らしている人が大勢いるそうです。それも高齢者が多いらしい。

 もちろん車の中の暮らしは過酷な生活です。砂漠の暑さ、それに凍てつくような大雪の寒さ、治安など身の危険もある。それに病気になったり、車が故障したり、様々な困難が降りかかってきます。砂漠の真ん中で車が故障したら文字通り、生死にかかわる。都市では車中泊なんかできませんから、必然的に人里離れた地域でノマドたちは暮らすことになります。   
 ノマドたちは自ら交流集会を行ったり、互いに情報や生活のノウハウなどを交換する助け合いも生まれています。
●砂漠の真ん中で交流集会が行われています。このおっさんは本物のノマドで生活のノウハウを共有するなどの活動を続けています。

 ノマドたちは様々な事情を抱えています。貧困や職を失っただけでなく、家族など人間関係のわずらわしさを避けたり、人生を旅の中で過ごすことに充実感を得る者もいます。末期がんで余命を宣告され、最後は納得がいくように人生を過ごしたいとアラスカへの一人旅に出た老婆もいます。
 国や地方自治体の福祉の手がノマドたちに届いていないという問題はありますけど、格差とか不況だけで問題は片付けられません。
 心配する知人にファーンが『私たちはホームレスではない、ハウスレスだ』とファーンが答えるシーンがあります。この映画で描かれている多くのノマドたちは自ら誇りをもって、放浪生活を続けている。

 主演でプロデューサーを務めるフランシス・マクドーマンド以外は殆どの出演者が実際にノマドをやっている人たちだそうです。確かに一般人とは顔つきが明らかに違います。厳しい環境下で生き抜いてきた人だけがもつ険しい表情と無表情さを持っています。しかし、その下には複雑な感情が隠れている。
 この映画、殆どドキュメンタリーに近いんです。
●彼女も実際にノマド生活をやっている人。末期がんを抱えて、最後は自分の納得がいくように過ごしたいと放浪暮らしを続けているという設定です。

 舞台は中西部。ネバダアリゾナネブラスカなど雄大な自然が広がっています。ファーンたちの暮らしは過酷ですが、独立独歩の暮らしはどこか理想郷のようにも見える。
彼らの暮らしには『さよなら』はないそうです。一瞬触れ合ったのち、『またどこかで会おう』といいあって離れていく。

 美しい画面と音楽、全編が一遍の抒情詩のようです。その中に人間の悲しさと誇りがそこはかとなく漂っている。ここはこの映画の優れたところ。

 
 かなり厳しい生活描写は全編にわたっていますけど、それでもボクはノマドたちの暮らしを楽観的に描きすぎているのではないかという感覚も持ちました。暑さ寒さの問題に加えて、治安の問題もあるでしょうし。
 ただ大恐慌の時と同じように、現代にも行政に放置され、格差に取り残された数十万人の人々がいることは間違いない。ただ、そういう人たちも誇りと希望を持って生きている。それもまた、確かです。見方は色々でしょう。

 開拓者たちが切り開いてきたアメリカの原風景を描いたのが中国系の女性監督というのもユニークです。不景気で崩壊していくアメリカ、そして再び現れた放浪者たち。移民によって成立したアメリカだからこそ、中国系の人が原風景を描くのはふさわしいのかもしれません。
 画面も構成も完成度が高い、一見の価値がある、美しい映像作品であることは間違いありません。
www.youtube.com